初めての紙芝居の読み聞かせ

明けましておめでとうございます!運営メンバーのみつぎゆうです⛄

 

先日の寒波を他所に少しだけ暖かい天気が続いておりますね☀

 

今年に入って自分にとっては初コラムだったので冒頭の挨拶でしたが、今回は昨年11月に運営メンバーが参加しました癒やしまるしぇの活動報告を少しだけ綴ります🔖

 

 

癒やしまるしぇとは?

癒やしまるしぇは昨年11月に開催されましたマッサージや占いなどを主として心や身体の癒やしになるサービスを提供するマルシェでございます🌿

Empathyからも茜さん、はるかさんの絵本チームと、さきんこさん、きせはなこさん、僕の読み聞かせチームの二組で参加しました🎫

イベントは大盛況のうちに終わり、僕たちも沢山のお客様にお越し頂きました✨

この場を借りて改めてお礼申し上げます!お越し頂きました皆様本当にありがとうございました!!

 

 

改めまして本題!

さて本題なのですがイベントに持ち寄った本の中で紙芝居が大人気でした!というお話になります

 

イベントのお客様の多くは大人の方でして、紙芝居を読み聞かせする、してもらうという経験がそもそも無いと仰る方が多く、なるほど確かにと思いました。

 

自分も紙芝居の読み聞かせをするというのは役者生活は愚か人生でも初めてでして、とても刺激的な体験でした🦔

 

絵の裏面には台本としての物語の文章だけでなく演出メモなる欄があり、このように読んでとか、半分までめくってとか、懇切丁寧に演出が書いてありました!

 

演出家さんがしっかり、しかも本番中にもついてくださるというのは役者としてはとても嬉しい事でした(笑)

 

幼稚園や小学校の頃にPTAの方が読み聞かせてくれた紙芝居が面白かったというのは記憶しておりますが、その真相の一部を知ることができて少し大人になれた気分です(*´∀`*)

 

お子さんに読み聞かせする本としてとても良いものだと思います!なにせ絵が大きくて迫力があるし、演出メモの通りに読めば紙芝居ならではの臨場感のある楽しい読み聞かせになること間違い無しです🌟🌟🌟

 

イベントに持ち寄った中で見事人気NO.1を飾ったのは宮沢賢治さんの「注文の多い料理店」の紙芝居でした🍳

 

「名前は聞くけど内容をよく知らない」「小学校の教科書に載っていたのが懐かしい」「宮沢賢治さん好きなので」と様々なご意見を頂きました✨✨✨

 

狩人二人の得意げなセリフや山猫の恐ろしい本性など読み手としても楽しく読ませて頂きました💖

 

絵本とはまた違った魅力のある紙芝居。ぜひ近所の図書館や書店でお手にとって見てはいかがでしょうか?🍀🍀🍀

 

次回のコラムもお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました