お正月🌅おすすめ絵本

おすすめ絵本

こんにちは!

皆さんは、「ナンセンス絵本」というジャンルを聞いたことがありますか?

ナンセンスは直訳すると「意味のないこと、バカバカしいこと」となるので、マイナスイメージの様に受け取られるかもしれませんが、例えば、お笑い番組や日常生活でのうっかり発言など、深いメッセージが込められていなくても、「わはは!」と笑っちゃった経験ってありませんか?

そんなユーモア溢れる、脱力系の絵本がナンセンス絵本と呼ばれています。代表的な作品では『キャベツくん』など長 新太さんの作品がよく挙げられますが、今回は、お正月にピッタリなナンセンス絵本をご紹介します!

『おもちのきもち』 かがくい ひろし 作

お正月になれば登場する、かがみもち。頭のてっぺんにみかんと扇子を乗せておめでたい出で立ちですが、何やら浮かない顔をしています。どうしてでしょう?

実は、かがみもちには悩みがあるみたいですよ。

もちつきでは頭をペッタンペッタンたたかれ、のしぼうで伸ばされ…。

今は床の間にかざられ大事にされているけれど、「いつなんどきたべられることやら。ああ、おそろしや。」とビクビクしています…。

 

え、逃げた!?

 

食べた!?

 

奇想天外な展開に釘付けです(笑)1月11日の鏡開きも楽しみになること間違いなし♪

笑う門には福来る。大変なご時世ですが、今年もたくさん笑って前向きに過ごして行きたいですね!

それでは、また来週✨

はるかでした^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました