絵本が脳の発達にいいのは何故?

お役立ちコラム
  1. こんにちは!絵本を創る保育士こと、はるかです☘絵本は脳の発達に良いとよく言われますが、何故でしょうか?今回は、絵本が脳の発達にどんな効果があるのかお話していきます💡

    目次

絵本が脳の発達にいいのはどうして?

【絵本は感情を豊かにする】

絵本には様々な「喜怒哀楽」の感情が描かれています。絵本の読み聞かせ中の子どもたちの脳の研究では、大脳辺縁系を活発に働かせていることが分かっています。大脳辺縁系は記憶や情動に関連する部分で、子どもたちは様々な絵本のストーリーを見聞きすることで、「嬉しい」「悲しい」などの感情を心で体感しているということ!

心の豊かさを育てるには、絵本がもってこいですね📚✨

このほかに絵本を読むことのメリットとして、

・想像力を育てる

・親子のコミュニケーションになる

・語彙力、読解力がアップする

と言われています↑↑

読み聞かせは、いつまでするの?

はっきり言って、読み聞かせに、早すぎも遅すぎもありません。

絵本の読み聞かせは、お子さんスキンシップやリラックスの時間になりますし、まだ言葉を話せない赤ちゃんでも絵本を読む大人の声色や距離を感じ取っています☺️

また、読み聞かせをする大人のストレスも軽減される効果もあります!

お子さんが「これ読んで」と持ってきたら、ちゃんと理由があるので、良し悪しの判断は一旦おいて、一緒に楽しんであげてくださいね🌟

同じ絵本ばかり読んでるけど、大丈夫?

イギリスで同じ絵本を読む子の語彙力が高かったという研究結果があります。なぜその絵本を繰り返し読んでいるのか、どこがお気に入りなのかを聞いたり、子どもが絵本のどこをじっくり見ているか観察してみましょう!大人が気づかないような所を見ていたりするので、面白いですよ〜

絵本を選びに困ったら

はじめに、気に入っている絵本があるなら、対象年齢は気にせず大丈夫!きっと、その絵本を気に入るワケがあります。

絵本の紹介サイトや、読み聞かせ会に参加するのもおすすめです。

ちなみに、Empathy(エンパシー)でも、読み聞かせ会を毎月開催しています!オンラインでお気軽に参加いただけますので、ぜひ遊びに来てくださいね♪

☆絵本カフェプロジェクト〜Empathy☆

絵本カフェプロジェクト〜Empathy〜
テーマ:Empathy(エンパシー) 1人1人想いを込め、その想いに"共感"して集まったメンバーです✨ 🍀絵本カフェを作りたい! 🍀舞台役者の表現の場として絵本の朗読会をしたい! 🍀絵本を創りたい! 絵本を通してのコミュニケーションの場や、ほっと一息できる居場所になったら嬉しいです🌼 ※風紀を乱す発言をされた場合は...

コメント

タイトルとURLをコピーしました